今治市のプリザーブドフラワー教室アトリエ・ラ・フイユのイメージフォト

プリザーブドフラワー (preserved flower)とは?

「プリザーブ」とは、「preserve ⇒ 保存する」と言う英語から来ています。

元来は、新鮮さんを閉じ込めると言う意味ですが、剪定して新鮮なうちに、特殊な液を用いて、脱水、脱色をしてから、保存液を使い、染料で着色した後に乾燥させます。それにより、柔らかさと色鮮やかさを兼ね備えつつ、長期に渡り形と色を保てるお花が出来上がります。いつまでも枯れない「魔法の花」「魅惑の花」とも言われ、ウェディングブーケやインテリアフラワー、インテリアアートとしてその存在が一般的になっています。

プリザーブドフラワー (preserved flower)の誕生

プリザーブドフラワーは、1991年にフランスのヴェルモント社が開発し、クリスチャン・トルチュやケネス・ターナーなどのフラワーデザイナーが相次いで作品に取り入れたことにより、日本を含む世界に広まりました。プリザーブドフラワーは生花に比べて軽く、枯れないという点が注目され、ウェディングブーケやテーブルフラワーなどとしても利用されています。

プリザーブドフラワー (preserved flower)の特徴

  • 水を与える必要が無く、手間が掛かりません。
  • 色のバリエーションが豊富で、生花に存在しない色合いの花を創り出す事も出来ます。
  • 保管状況にもよりますが、1~3年以上に渡り美しさを保つと言われてます。
  • 生花と違って、花粉アレルギーの心配が無い。

プリザーブドフラワー (preserved flower)の管理・注意点

  • 湿気にとても弱く、多湿の場所に置くと花びらが透けたようになりますのでご注意ください。
  • エアコンなどの風が直接あたらないようにご注意ください。乾燥し過ぎると花びらが傷む原因となります。
  • 直射日光などの紫外線は色褪せの原因となりますのでご注意ください。

Copyright (C) 2010 Atelier La Feuille All Rights Reserved. ReBirth Next